上院議員 二度目の暗殺未遂にも屈せず

またしてもバイオテロリストによる、ジェフリー・ウィンガード上院議員の暗殺未遂が発生した。選挙集会でジョージタウンを訪れていたウィンガード氏が車に乗り込もうとした際に事件は起こった。

今のところ警察による詳しい捜査内容は発表されていないが、事件現場ではまたしても選挙ポスターを利用した暗号めいた脅迫状が発見されたとの情報も入っている。

ウィンガード上院議員による今回の襲撃についてコメント動画はこちら。

この一連の襲撃以来、地元権力者や地域住民はウィンガード上院議員のバイオテロに対する姿勢に圧倒的な支持を寄せている。最新の世論調査によると、ウィンガード氏の支持率は、事件前より10~12ポイントも上昇している。

ウィンガード氏 動揺するも意思は崩さず

本日未明、パラマウント地区で起こったジェフリー・ウィンガード氏の暗殺未遂事件は政界に衝撃を与えた。 “男性の叫び声と” 目撃者を詳述 “煙の臭いがした” 事件現場であるクロコダイルクラブ付近の路地裏に駆け付けた第一発見者によると、そこに停車していた車が炎に包まれていたとのことだ。

上院議員に怪我は無かったが、議員の選挙ポスター裏に残された脅迫文から察するに、危機はまだ去っていないものと見られている。

"上院議員殿、俺はお前の命をもらうために力を鍛えている。お前は俺の敵として文句なしだ。自分の信念を貫き通す戦士。だがこの戦いが終わるころには、お前もバイオテロリストの力に屈することになる。俺にはルールもなければ、慈悲も無い・・・。お前の屈強な信念など勝ち目は無いさ。"

ウィンガード上院議員にコメントを求めた際、毅然とこう述べた。 「私はバイオテロリストを恐れない。この卑怯な襲撃は私が訴え続けてきたことの確かな証拠だ: バイオテロリストが一人でもいる限り、アメリカの一般市民の安全が保障されることはありません。」

ウィンガード上院議員は反バイオテロリストを掲げることで支持層を広げてきた。ウィンガード氏の法案では、バイオテロリストだけでなくその関係者の人権にも制限がかけられてしまい、議員総会においても支持を集めることはできなかった。しかし、今回の一連のバイオテロリストによる事件の結果、上院議員のキャンペーンがにわかに活気を帯びている。

被害車両を指さし、ウィンガードはこう締めくくった。 「この襲撃こそまさに一般アメリカ市民条例が取り除こうとしている脅威です。バイオテロリストが法案の可決を恐れていることが、これで照明されたのではないでしょうか。」